仙台四郎

(一般)
せんだいしろう

江戸末期から明治時代にかけて仙台に実在した人物。
四郎さんが立ち寄った商家は大変繁盛し、招かれても入らない店は傾いていったというという伝説から、現在でも福神として愛され、さまざまな縁起物商品が開発・販売されている。

映画化

丘修三著『福の神になった少年―仙台四郎の物語』(佼成出版社)を原作として、現在、2005年夏の公開を目指し、映画化の企画が進行中。(主演:ワッキー貝山)

企画、脚本、および監督を藤井智憲氏が務め、また、美術には、黒澤映画の全作品を担当した村木与四郎氏があたり、撮影監督は岡崎宏氏が担当する。

http://4rou-kai.com/


書籍(Amazon検索)

amazon:仙台四郎

このタグの解説についてこの解説文は、すでに終了したサービス「はてなキーワード」内で有志のユーザーが作成・編集した内容に基づいています。その正確性や網羅性をはてなが保証するものではありません。問題のある記述を発見した場合には、お問い合わせフォームよりご連絡ください。

ネットで話題

もっと見る

関連ブログ