伊庭秀業

伊庭秀業

(社会)
いばひでなり

日本の江戸時代末期の剣術家。伊庭軍兵衛とも。
老中だった水野忠邦の推挙で御書院番士となっていたが、忠邦が失脚してからは自らも辞職。江戸下谷に剣術道場の練武館を開いた。

新着ブログ: 伊庭秀業