Hatena Blog Tags

伊東勤

(スポーツ)
いとうつとむ

伊東勤は日本の元プロ野球選手(捕手)・指導者、千葉ロッテマリーンズ監督(背番号83)。
1962年8月29日生まれ。熊本県出身。血液型O型。
右投右打。
熊本工業高等学校(定時制)入学後、所沢高等学校(定時制)に転校し卒業。所沢高等学校転校と同時に西武球団職員として採用された。

略歴

1982年、ドラフト1位で正式に西武に入団。
入団3年目の1984年、正捕手となって以降、西武ライオンズの黄金時代を支え、2000年、捕手として3人目の通算2000試合出場を記録。
他リーグの6球団すべてと日本シリーズで対戦した、唯一の人物である。*1
2002年には選手兼任監督の要請を固辞し、伊原春樹監督の下、総合コーチ兼任選手となった。

西武監督就任1年目は2位に終わるものの、プレーオフ第1ステージで北海道日本ハムファイターズを、第2ステージで福岡ダイエーホークスを下し、逆転でのリーグ優勝を決め、日本シリーズでも、第7戦までもつれた末に中日ドラゴンズを下し、日本一に輝いた。

2007年、26年ぶりのBクラス転落の責任を取り、辞任。
その後はNHK野球解説者、WBC日本代表のコーチを務める。
またマスターズリーグ、東京ドリームスの選手としても活躍。

2012年、韓国に渡り斗山ベアーズのヘッドコーチに就任。
2013年、千葉ロッテマリーンズの監督に就任。

応援歌の歌詞「ホームベースは男の砦 矢よりも速い送球で的を刺す」は秀逸であり、人気が高い。

球歴

年度 所属チーム 背番号 備考
1978-1980 熊本工業高校 - 甲子園出場あり。熊本県大会決勝で秋山幸二と対戦。
1981 所沢高校 - 昼は西武球団職員、夜は通学
1982-2003 西武ライオンズ 27*2 1981年ドラフト1位
2004-2007 西武ライオンズ 83 球団初の生え抜き監督
2012 斗山ベアーズ - ヘッドコーチ
2013- 千葉ロッテマリーンズ 83 球団生え抜き以外の日本人監督は近藤昭仁以来15年ぶり

個人タイトル

タイトル名 受賞年度
ベストナイン 1985〜1988、1990〜1992、1997〜1998、2002
ゴールデングラブ賞 1985〜1988、1990〜1992、1994〜1995、1997〜1998

*1:82,88中日ドラゴンズ、83,87,90,2002読売ジャイアンツ、85阪神タイガース、86,91広島東洋カープ、92,93,97ヤクルトスワローズ、98横浜ベイスターズと対戦。

*2:背番号27番は準永久欠番となっている。

このタグの解説についてこの解説文は、すでに終了したサービス「はてなキーワード」内で有志のユーザーが作成・編集した内容に基づいています。その正確性や網羅性をはてなが保証するものではありません。問題のある記述を発見した場合には、お問い合わせフォームよりご連絡ください。

関連ブログ

広岡達朗監督の管理野球の教え子は日本一になった監督が4人

「でもね、俺の教え子はだいたい監督になったら成功するんだよ」と広岡氏は指摘。教え子には、ヤクルト時代の若松勉をはじめ、西武時代には伊東勤、渡辺久信、秋山幸二、工藤公康と4人が日本一監督になっている。「普通の監督の教えと違って、やるべきことをやりなさい」と諭していた当時を振り返った。 【落合×広岡達朗対談】管理野球とは何だったか 教え子が監督で成功するワケを披露(スポニチ) | 毎日新聞 (mainichi.jp) 教え子がどんどん監督になることは多くないですが 日本一になった監督が4人も生まれたのはなかなかありませんね。 スポーツマネジメントの事例として研究しがいがあると思います。 広岡監督は…