佐倉惣五郎

(一般)
さくらそうごろう

俗称名木内宗吾。下総国印旛郡公津村名主。江戸時代に藩主の苛政を四代将軍の徳川家綱に直訴し、改められるも、当人や家族は磔刑にあった悲劇の人物。
江戸時代中期以降、物語や芝居に義民として取り上げられるようになった。

このタグの解説についてこの解説文は、すでに終了したサービス「はてなキーワード」内で有志のユーザーが作成・編集した内容に基づいています。その正確性や網羅性をはてなが保証するものではありません。問題のある記述を発見した場合には、お問い合わせフォームよりご連絡ください。

関連ブログ