Hatena Blog Tags

佐藤嘉洋

(スポーツ)
さとうよしひろ

キックボクサー。

プロフィール

生年月日 1981年1月25日
出身地 愛知県名古屋市
所属ジム 名古屋JKファクトリー
血液型 AB型
身長 185cm
体重 70kg



K-1 WORLD MAX 2002世界トーナメントで準優勝したガオラン・カウイチットを完封しての判定勝ち、同大会の1回戦でアルバート・クラウスを苦しめたシェイン・チャップマンには2RTKO勝ち、小比類巻貴之をパンチでKOしたピーター・クルークには3RKO勝ち、アンディ・サワーやモハメド・オワリにも勝っているオランダの強豪クリス・ヴァン・ベンローイに判定勝ち、魔裟斗が2001年のK-1で3RKO勝ちしたノエル・ソアレスには同じく3RKO勝利を収めており、日本人最後の大物としてK-1 WORLD MAX参戦が期待されていた。
2005年5月、満を持してK-1 WORLD MAX参戦。スーパーファイトでウィリアム・ディンダーと戦い、判定勝利を収めた。7月にはヴァージル・カラコダに判定負けしたが、10月にガオグライ・ゲーンノラシンに判定勝ち。
2006年2月、K-1 WORLD MAX 2006 日本トーナメント優勝。世界トーナメントでは準々決勝でブアカーオ・ポー.プラムックに2RKO負け。
2007年2月、K-1 WORLD MAX 2007 日本トーナメント連覇。世界トーナメントでは準々決勝でクラウスに判定負け。
2008年2月、ブアカーオと再戦し、延長戦の末僅差の判定負け。世界トーナメントで準々決勝でブアカーオと3度目の対戦で3RKO勝ち。準決勝での魔裟斗との対戦では3Rにダウンを奪った。誰もが佐藤の勝利を確信したが、当時の採点は各ラウンドごとに優勢の選手に10点となるはずが、3Rの採点で2名のジャッジが9点しか付けずドローに。延長戦となり、延長戦の末判定負けとなった。
2009年の世界トーナメントは、1回戦でドラゴに延長戦で判定負け。
2010年の世界トーナメントは、自身初決勝まで進出したが、ジョルジオ・ペトロシアンに判定で敗れ準優勝。
実家は喫茶店。また、整骨院のオーナーも勤めている。

獲得タイトル

  • K-1 WORLD MAX 2010 -70kg World Championship Tournament準優勝
  • K-1 WORLD MAX 2008 World Championship Tournament第3位
  • K-1 WORLD MAX 2006、2007日本トーナメント優勝
  • WPKCムエタイ世界スーパーウェルター級王者(2004年)
  • WKAムエタイ世界ウェルター級王者(2001年)



リスト::格闘家

このタグの解説についてこの解説文は、すでに終了したサービス「はてなキーワード」内で有志のユーザーが作成・編集した内容に基づいています。その正確性や網羅性をはてなが保証するものではありません。問題のある記述を発見した場合には、お問い合わせフォームよりご連絡ください。

関連ブログ