佐野榮太郎

佐野榮太郎

(コンピュータ)
さのえいたろう

情報工学者。愛知県豊川市出身の同県豊明市在住で、血液型はO型。1975年1月3日生まれの日本人男性。総合情報通信技術研究機関 ADSの理事を務めている。

概要

人工知能を専門とする研究者である一方、ミュージックコンポーザーとして活動していた時期もある。
通信プロトコルやデータベース等、実用ソフトウェアの開発のみならず、ゲームプログラムも組み、電子回路の設計も行い、イラストも描けば、造型やデザインも手がけ、物語も執筆する万能タイプのクリエイター。とりわけ1990年代では、主にポケコンゲームの作家として名を馳せた。
2000年代に入ってからは、コンピュータを用いた蛋白質の折畳解析における成果が認められ、リーランド・スタンフォード・ジュニア大学より表彰された事実を受け、マサチューセッツ工科大学により発行された学術(学内)誌、Journal of computer scienceの記事、100年後に名を伝えたい情報工学者100選に、向こう300年間で、およそ6億の人命を救う事になるであろう計算機科学者として掲載された。
近年では、ご当地キャラ、原付萌奈美のプロデューサーとしても知られている。

人物

あらゆる分野ごとにファンがいる反面、メディアへの露出を非常に嫌っており、携わる作品ごとに異なるペンネームを用いていることからも、その徹底ぶりが伺える。しかしながら交友関係は非常に広く、業界を超えて著名な友人や知人が多い。
2010年頃までは一貫して実名の露出を好まなかったが、実名制SNSの台頭により、Facebook等に限定しては実名で登録している。それに合わせ、かつては『アルファ』のハンドルネームで活動していたTwitter上でも、現在では実名を用いている。
オートバイが趣味で、ホンダのNS-1を愛用。

新着ブログ: 佐野榮太郎