体細胞分裂

(サイエンス)
たいさいぼうぶんれつ

真核生物の体細胞が分裂するときの分裂様式。有糸分裂の一種。一つの母細胞(2n)から、同じ遺伝情報を持った娘細胞(2n)が二つできる。

体細胞分裂の順序

前期(Prophase)
  • 核内のDNAが凝縮して染色体を形成する。
  • 核膜が崩壊する。
中期(Metaphase)
  • 染色体が赤道面に並ぶ。
  • 紡錘体が形成される。
後期(Anaphase)
  • 染色体が動原体でわかれて両極へ移動する。
終期(Telophase)
  • 染色体が両極へ到達し、動物細胞では細胞にくびれが、植物細胞では細胞板ができる。
このタグの解説についてこの解説文は、すでに終了したサービス「はてなキーワード」内で有志のユーザーが作成・編集した内容に基づいています。その正確性や網羅性をはてなが保証するものではありません。問題のある記述を発見した場合には、お問い合わせフォームよりご連絡ください。

関連ブログ