Hatena Blog Tags

俗ラテン語

(読書)
ぞくらてんご

sermo vulgaris(羅)、Vulgar Latin(英)


民衆のラテン語。古典ラテン語をヒエログリフとするならば、デモティックに相当する存在*1

概略

もともとラテン語はラティウムに住むラテン人たちの使う極めてローカルな言語だったが、ローマ帝国に成立と拡大によって西欧全域に広まった。
文章などに残されている、言うなれば「正式な」ラテン語は「古典ラテン語」と呼ばれているが、実際に口語として人々の口から発せられていたラテン語は、それとは異なる部分のある言語だった。これを「俗ラテン語」と呼んでいる。
ローマ帝国の分裂と崩壊によって、各地にコミュニティが孤立すると、そこで用いられていたラテン語も、別の言語へと変化していった。
いわゆるロマンス語はそうして生まれたラテン語の子孫であり、それぞれの地方で様々な外部・内部の要因による変化を遂げた姿である。

*1:それは嘘だと思います。まだフスハーとアーンミーヤの関係性の方が類似してると思います。

このタグの解説についてこの解説文は、すでに終了したサービス「はてなキーワード」内で有志のユーザーが作成・編集した内容に基づいています。その正確性や網羅性をはてなが保証するものではありません。問題のある記述を発見した場合には、お問い合わせフォームよりご連絡ください。

関連ブログ

日本語の「水仙」:平安末期に渡来? 文献では漢名水仙華、和名雪中華と出るのが初出.「エコーとナルキッソスの物語」が中国にも伝わって人びとの関心を引いて「水仙華」と呼ばれ,「水仙」として日本でも定着したようです. 英語の「水仙」:ギリシャ語由来の水仙の学名Narcissusは,英語でも水仙を表す言葉に.一方,daffodilの第一義は「スイセン」ではなく「ラッパズイセン」.ワーズワースは黄金色に輝く水仙を詠っています.

誰にも好まれる花,水仙.庭がある方なら必ず一株二株は植えているのでは? 我が家で玄関横に置いてある鉢植えは,来る人来る人必ず何か一言コメントしてくれています.「もう咲いているの?」「私の所のものは花をつけない」「香りがあるものが好き」---- 我が家で,今,咲いているのは,ニホンスイセンと呼ばれている寒咲きの品種と,最近多く出回るようになったペーパーホワイト.後者は原種に近い品種と言われています. スイセンはこのブログでも何回も取り上げてきました.以下,多くは繰り返しになりますが,日本語と英語の「スイセン」について,改めてまとめてみます. 日本語の「水仙」 ニホンスイセンは,どのサイトでも「古…