保元物語

(読書)
ほうげんものがたり

保元物語。保元合戦物語、保元合戦記、保元記とも。
軍記物語。三巻。鎌倉時代に成立、のち様々な成長を遂げた。
作者未詳、「平治物語」と同じともいわれる。


保元の乱の顛末を和漢混交文により記し、武士たちの活躍を描く。



作中の美福門院得子は、玉藻前のモデルとされる。

このタグの解説についてこの解説文は、すでに終了したサービス「はてなキーワード」内で有志のユーザーが作成・編集した内容に基づいています。その正確性や網羅性をはてなが保証するものではありません。問題のある記述を発見した場合には、お問い合わせフォームよりご連絡ください。

関連ブログ