Hatena Blog Tags

信用創造

(社会)
しんようそうぞう

貸し出しにより、マネーサプライ通貨供給量)が増加すること。Money creation、Credit creation。

このタグの解説についてこの解説文は、すでに終了したサービス「はてなキーワード」内で有志のユーザーが作成・編集した内容に基づいています。その正確性や網羅性をはてなが保証するものではありません。問題のある記述を発見した場合には、お問い合わせフォームよりご連絡ください。

ネットで話題

もっと見る

関連ブログ

4年間のブログを書き続けて、筆者が感じていること。

4年間のブログを書き続けて、筆者が感じていること。 筆者は、2018年9月からこのブログを書き始めましたので、丸4年の歳月が過ぎたことになります。どんな世界でも、物事の探求というのは、大変な知識を必要としますがこの案件も、実は資本主義の一番深い部分まで関係しているので、この仕組を知ることは、世界を全体をイメージして物事を考える必要があります。 つまり、地球の外から地球を見つめるような気持ちで、この企業育成資金の仕組みを捉えれば、全体像がイメージできます。 宇宙から見る俯瞰図をイメージする必要があります。それだけ、壮大でロマンのあるビジネスモデルということが言えます。ただ、それだけ大きな制度であ…

安全保障問題の根本的なことを言えば、価値との交換ができるものと通貨との関係を理解することが重要である。

安全保障問題の根本的なことを言えば、価値との交換ができるものと通貨との関係を理解することが重要である。 安全保障問題というのは、究極を言えば、これは、通貨発行権をどこが主体で行うかの競争が紛争に繋がっていると言えます。 実は、いま国連で関係悪化しているのは、常任理事国が、2つに別れているだけです。英国、米国、フランスの西側と中国、ロシアの共産国という構図になります。 やはり、1944年、米国がブレトンウッズ体制で、米国ドルを基軸通貨にしたことで、連合国側のなかでも西側有利で経済発展を遂げてきたことで、共産主義よりも、資本主義的概念を取りれて、」経済発展させたほうが有利に経済が発展するとなったこ…

国家予算外資金の本来の姿を知ることで日本国を底上げできる。

国家予算外資金の本来の姿を知ることで日本国を底上げできる。 本日は、東京・浜松町、大門のセミナー会場で「企業育成資金とPPP」の説明会を開催します。最近は、急激に円安が進んでおり、物価高騰が進んでいます。ついに、1ドル=140円台にまでなったということです。確かに、日本は、大量の国債の買い入れを行っているので、金利上昇をすると金利負担が増大して、破綻を起こしそうですので、金利をあげることができずにいます。 いま、国家最大の危機は、政府国債をどのようにして、売り続けるか?ということです。国債は民間に買ってもらわなければ、国債をいくら発行しても資金調達をすることができません。本来、赤字国債の発行の…