個人メドレー

(スポーツ)
こじんめどれー

水泳の種目の1つ。1人の泳者が、バタフライ→背泳ぎ→平泳ぎ→自由形の順に泳ぐ。IMと略する。
一泳法25mの100m個人メドレー(1個メ)と50mの200m個人メドレー(2個メ)、100mの400m個人メドレー(4個メ)がある。
メドレーリレーとは1人で泳ぐ点と最初にバタフライを泳ぐ点が異なる。
4種目を満遍なくこなすことから発育途上の選手のトレーニングとして理想的と言える。習熟度を測る際に個人メドレーを基準にするスイミングクラブも多い。


 個人メドレーは、定められた距離を次の順序によって、それぞれの泳法の規則にしたがって泳がなければならない。(SW9.1、SW9.3)
(1)バタフライ (2)背泳ぎ (3)平泳ぎ (4)自由形
 ただし、自由形は、(1)(2)(3)の泳法で泳いだときは違反となる。
(競技役員の手引き 競泳 2004より抜粋)

このタグの解説についてこの解説文は、すでに終了したサービス「はてなキーワード」内で有志のユーザーが作成・編集した内容に基づいています。その正確性や網羅性をはてなが保証するものではありません。問題のある記述を発見した場合には、お問い合わせフォームよりご連絡ください。

関連ブログ