偽証罪

(一般)
ぎしょうざい

 刑法第二編第二十章で規定されている「偽証の罪」のこと。

第百六十九条   【 偽証 】
法律により宣誓した証人が虚偽の陳述をしたときは、三月以上十年以下の懲役に処する。  
第百七十条   【 自白による刑の減免 】
前条の罪を犯した者が、その証言をした事件について、その裁判が確定する前又は懲戒処分が行われる前に自白したときは、その刑を減軽し、又は免除することができる。  
第百七十一条   【 虚偽鑑定等 】
法律により宣誓した鑑定人、通訳人又は翻訳人が虚偽の鑑定、通訳又は翻訳をしたときは、前二条の例による。

このタグの解説についてこの解説文は、すでに終了したサービス「はてなキーワード」内で有志のユーザーが作成・編集した内容に基づいています。その正確性や網羅性をはてなが保証するものではありません。問題のある記述を発見した場合には、お問い合わせフォームよりご連絡ください。

関連ブログ