備中松山城

(地理)
びっちゅうまつやまじょう

備中松山城は、岡山県高梁市にある連郭式の山城。
天守は標高430mの臥牛山山頂にあり、現存十二天守の中では最も高所に位置する。

概要

鎌倉時代、有漢郷の地頭である秋庭重信が大松山に城を築いたのを起源とし、1683年に水谷勝宗によって3年がかりで修築され、今の天守の姿になった。
天守は望楼型で、二層二階と小さいが、これは権威の象徴としての役割しか持たなかったからである。
城主の居館や政庁としての役割は、麓の御根小屋(現在の高梁高校の場所)が担っていた。

このタグの解説についてこの解説文は、すでに終了したサービス「はてなキーワード」内で有志のユーザーが作成・編集した内容に基づいています。その正確性や網羅性をはてなが保証するものではありません。問題のある記述を発見した場合には、お問い合わせフォームよりご連絡ください。

ネットで話題

もっと見る

関連ブログ