備後国

(地理)
びんごのくに

令制国のひとつ。現在の広島県東部の備後地方に相当する。「きびのみちのしりつくに」とも呼ばれた。

元は吉備国であったが、備前国・備中国・備後国の三国に分国された。そのため現在は行政では広島県に属するが、岡山県との文化的類似性が見られ、歴史的・経済的にも繋がりが強い。

国内に深津郡・安那郡・芦田郡・品治郡・神石郡・奴可郡・甲奴郡・世羅郡・沼隈郡・御調郡・三次郡・三谷郡・三上郡・恵蘇郡の14郡があり、国衙が芦田郡内の現・府中市中心部にあったとされる。

このタグの解説についてこの解説文は、すでに終了したサービス「はてなキーワード」内で有志のユーザーが作成・編集した内容に基づいています。その正確性や網羅性をはてなが保証するものではありません。問題のある記述を発見した場合には、お問い合わせフォームよりご連絡ください。

ネットで話題

もっと見る

関連ブログ