允恭天皇

允恭天皇

(一般)
いんぎょうてんのう

第19代の天皇、雄朝津間稚子宿禰天皇、男浅津間若子宿禰王とも。
父は大鷦鷯天皇(仁徳天皇)、母は磐之媛命。
去来穂別天皇(履中天皇)と瑞齒別天皇(反正天皇)の同母弟なり。


子女は、木梨軽皇子、名形大娘皇女、境黒彦皇子、穴穂天皇(安康天皇)、軽大娘皇女、八釣白彦皇子、大泊瀬稚武天皇(雄略天皇)、但馬橘大娘皇女、酒見皇女などがある。


もともとの皇太子は木梨軽太子に決めたが、訳があって穴穂天皇が継位する事になった。
なお、軽大娘皇女は『古事記』で衣通姫と同一視されるが、『日本書紀』では別人になった。

新着ブログ: 允恭天皇