光成準治

(読書)
みつなりじゅんじ

日本史学者。1963年大阪府豊中市生まれ。広島県庁勤務ののち、2006年九州大学大学院比較社会文化学府博士課程修了、「日本中・近世移行期大名領国における社会構造の研究」で博士(比較社会文化)。鈴峯女子短期大学非常勤講師、LEC専任講師。専攻は日本中・近世移行期史、空間構造史。

著書

  • 『中・近世移行期大名領国の研究』歴史科学叢書 校倉書房(2007
  • 『関ケ原前夜 - 西軍大名たちの戦い』NHKブックス 2009
  • 『毛利輝元 西国の儀任せ置かるの由候』ミネルヴァ書房・日本評伝選、2016
このタグの解説についてこの解説文は、すでに終了したサービス「はてなキーワード」内で有志のユーザーが作成・編集した内容に基づいています。その正確性や網羅性をはてなが保証するものではありません。問題のある記述を発見した場合には、お問い合わせフォームよりご連絡ください。

ネットで話題

もっと見る

関連ブログ