光電子増倍管

(サイエンス)
こうでんしぞうばいかん

高感度光検出器。Photomultiplier.
光電効果を利用して光のエネルギーを電子エネルギーに変換した後、それを増幅する仕組みとなっている。
光を用いる各種分析に広く用いられ、分光学、高エネルギー物理学、天文学を始めとして多くの学問の発展に寄与している。
浜松ホトニクスがダントツの世界シェアを誇る分野。

このタグの解説についてこの解説文は、すでに終了したサービス「はてなキーワード」内で有志のユーザーが作成・編集した内容に基づいています。その正確性や網羅性をはてなが保証するものではありません。問題のある記述を発見した場合には、お問い合わせフォームよりご連絡ください。

関連ブログ