Hatena Blog Tags

免疫グロブリン

(サイエンス)
めんえきぐろぶりん

免疫グロブリンとは、抗原と結合する抗体として働くタンパク質の総称であり、複数の分子種からなる。抗原結合領域(可変部、V領域)と、あまり変異のない定常領域(定常部、C領域)からなる。定常領域の構造のちがいによりIgG、IgA、IgM、IgD、IgEの5種類のクラスに分類される。(Wikipediaより抜粋)

関連検査

IgG

IgM

IgA

IgD

IgE−アレルギーと密接な関係がある(RIST)

特異的IgE−アレルギーの原因物質であるアレルゲン検査(RAST)

このタグの解説についてこの解説文は、すでに終了したサービス「はてなキーワード」内で有志のユーザーが作成・編集した内容に基づいています。その正確性や網羅性をはてなが保証するものではありません。問題のある記述を発見した場合には、お問い合わせフォームよりご連絡ください。

関連ブログ