八幡平市

(地理)
はちまんたいし

八幡平市は、岩手県北西部の秋田・青森両県に隣接した地域に位置する市。隣接市町村は盛岡市・二戸市・一戸町・岩手町・雫石町・滝沢村・鹿角市・仙北市・田子町の9市町村(うち鹿角・仙北両市は秋田県、田子町は青森県)。
2005年9月1日に岩手郡西根町安代町松尾村の2町1村が合併して誕生した。
岩手県内では14番目の市となり(現在は水沢・江刺両市による合併にて奥州市が誕生した事により再び県内の市の数は13となっている)、合併により新たに市制を敷くのは1972年の二戸市以来になる。

同市の人口は28,794人(2012年3月1日現在)、面積は862.25km²。

岩手山の東〜北部、八幡平安比高原などの観光地を有する。
(焼走り溶岩流 金沢清水 七時雨 松川温泉 藤七温泉 智恵の滝など)
豊富な観光資源を充分に保護しながら、有効活用することで、地元の再活性化や財政健全化などに活路を見出せる可能性を模索している。

市町村コード: 03214-0

このタグの解説についてこの解説文は、すでに終了したサービス「はてなキーワード」内で有志のユーザーが作成・編集した内容に基づいています。その正確性や網羅性をはてなが保証するものではありません。問題のある記述を発見した場合には、お問い合わせフォームよりご連絡ください。

関連ブログ