八百八町夢日記

八百八町夢日記

(テレビ)
はっぴゃくやちょうゆめにっき

『八百八町夢日記』は日本テレビ系にて平成元年(1989)10月10日〜平成二年(1990)10月2日、平成三年(1991)10月8日〜平成四年(1992)9月15日にかけて毎週火曜日に放送されたテレビ時代劇シリーズ。第一・第二シリーズ共に全34回+スペシャル4話が制作、放送されている。

あらすじ

江戸時代後期の天保年間、世にはびこる悪に向かって二人の男が挑戦状を叩きつける痛快時代劇。時の北町奉行、榊原主計頭忠之(里見浩太朗)と、榊原の手で処刑されたはずの、ねずみ小僧次郎吉(風間杜夫)である。北町奉行、榊原主計頭がある時は用心棒、ある時は女形、そしてある時は若旦那と姿を代え、江戸にはびこる悪をあぶりだす。そして証拠を掴んだとき、悪党どもに引導を渡す。

キャスト(両シリーズ共通)

榊原主計頭忠之:里見浩太朗
鼠小僧(次郎吉):風間杜夫
観音寺伝蔵:長門裕之
八田真四郎:船越栄一郎
お初:未來貴子
八田はな:風見章子

第一シリーズ(レギュラー)

おりん:中原理恵
平吉:森川正太
お松:立原ちえみ
林備前守:佐藤慶

第二シリーズ(レギュラー)

五郎八:名古屋章
おつや:中田喜子
お杉:中村綾
木崎:高橋浩二朗
甚左:浜田寅彦

八百八町夢日記(20枚組)ボックスセット [DVD]

八百八町夢日記(20枚組)ボックスセット [DVD]

新着ブログ: 八百八町夢日記