八郎潟町

(地理)
はちろうがたまち

秋田県南秋田郡八郎潟町は、秋田県のほぼ中央に位置する地方公共団体。
面積は17.00km²*1、人口は6,037人*2
秋田県で最も面積の小さな地方公共団体である。
1956年9月、一日市村、面潟村が合併して町制を施行。

地勢

町のほとんどが開けた平地で、さらに県内ではもっとも積雪が少ない地域となっている。
干拓前の八郎潟には接していたが、現在の八郎潟調整池には接しておらず、東部承水路に接しているのみである。

*1:南秋田郡五城目町、井川町との間で、境界の一部が未確定であるため、参考値

*2:2017年10月1日現在

このタグの解説についてこの解説文は、すでに終了したサービス「はてなキーワード」内で有志のユーザーが作成・編集した内容に基づいています。その正確性や網羅性をはてなが保証するものではありません。問題のある記述を発見した場合には、お問い合わせフォームよりご連絡ください。

関連ブログ