公共選択理論

公共選択理論

(一般)
こうきょうせんたくろん

public choice theory
経済学における学問分野の領域の1つ。民主制や官僚制の下における政治過程を、ミクロ経済学などの経済学的な手法で解析する学問分野である。政治学と経済学の橋渡し的な分野である。特に、公共選択論では政治家や官僚を、自分の利益のために戦略的に行動するプレーヤーと捉え、彼らの社会・政治システム下での戦略的依存関係を分析する学問分野である。

新着ブログ: 公共選択理論