Hatena Blog Tags

公定歩合

(一般)
こうていぶあい

国の中央銀行が金融機関に対して適用する、貸し出しの金利歩合。
1994年9月までは、日本における民間銀行の金利は公定歩合と連動するように規制されていたため、政策金利としての役割を果たしていた。しかし、1994年10月より民間銀行の金利は完全に自由化され、公定歩合を利用して民間銀行の金利を操作することはできなくなったことから、現在の日本の政策金利は、無担保コール翌日物となっており、公定歩合は政策金利ではなくなっており、現在の公定歩合は、短期金融市場の金利の上限の役割を果たしている。

このタグの解説についてこの解説文は、すでに終了したサービス「はてなキーワード」内で有志のユーザーが作成・編集した内容に基づいています。その正確性や網羅性をはてなが保証するものではありません。問題のある記述を発見した場合には、お問い合わせフォームよりご連絡ください。

ネットで話題

もっと見る

関連ブログ

悪い円安 130円に突入、この問題のメディア報道は増えるが、解決策を具体的にどうするかを論じる記事がない。

□悪い円安 130円に突入、この問題のメディア報道は増えるが、解決策を具体的にどうするかを論じる記事がない。 急激な円安は、何が起こっているのでしょうか?政府の見解も悪い円安といって対策をしないで、日銀は、日本政府の借金問題、国債の買取を支援するために、量的緩和政策、超低金利政策を継続するということを名言しているために、結論から言って、政府がデフォルト起こすことを絶対に起こさないために、円相場がいくら下がっても、公定歩合の引き上げ(金利引き上げ)を行うことをしないということになります。 これは、円売り、ドル買いがますます進むということになり、悪い円安は、政府が容認しているということで、どんどん…

悪い円安についてメディアも真剣に取り上げているが・・・

□悪い円安についてメディアも真剣に取り上げているが・・・ さて、悪い円安について、政府は何か得策を考えなければ、いけないといろいろ言われていますが、問題は、政府の問題もありますが、一番の原因は、日本の産業構造にあります。 貿易赤字が続いているということは、円が売られて、ドルが買われているからです。たしかに、公定歩合が低いというのも原因になっていますが、日本は、年間5兆円以上の貿易赤字がありました。また、円安になり、エネルギー高になり、食料も輸入に頼っています。 すなわち、生活の根幹を支える、エネルギーと食料が外国から輸入しなければ、やっていけないという世界を解決しなければ、根本的な問題解決には…

超円安時代が長期化する可能性が・・・それを解消するには、企業育成資金(外貨獲得手段である償還制度)を活用することが重要だ。

□超円安時代が長期化する可能性が・・・それを解消するには、企業育成資金(外貨獲得手段である償還制度)を活用することが重要だ。 この円安問題について、すでに、円安をどうにかするという対策をするより、円安になった分、政府が国債をどんどん発行して、それを日銀に買い取らせ、日本円で補助金を出すから、この円安時代を乗り越えてくれという政策をおこなっています。 さて、この政策は、その場しのぎの短期間の効果はえることができるかもしれませんが、長期的に考えれば、これは、かつて、戦後復興期、補助金によりインフレが止まらなくなって、円をどんどん発行して補助金をつけてその場した政策「竹馬政策」と同じことをおこなって…

令和の所得倍増計画と新しい資本主義⇒PPPの活用で外貨獲得⇒企業育成資金の契約件数を増やす。

□ 令和の所得倍増計画と新しい資本主義⇒PPPの活用で外貨獲得⇒企業育成資金の契約件数を増やす。 日本は、本当にラッキーな国であることを忘れてはいけません。償還制度と言われる「外国の投資銀行からドルで資金を調達して、その資金の一部を直接投資についかい、残りは、米国のFRBの認可を得てPPPによって、ドル建て運用することで、償還する制度があります。PPPというのは、大きな利益をもたらします。ドルの残高を利用すれば、ドルでの運用益が得ることができます。 ここが重要なのです。日本経済を強くするには、外貨準備高の強化が必要になります。すなわち、この制度は、外貨収入を一気に得ることができる制度でもあるの…

円相場の下落⇒貿易赤字⇒外貨不足に陥る?

円相場の下落⇒貿易赤字⇒外貨不足に陥る? 本日は、神田でセミナーを開催します。本日、ご参加の方よろしくお願いいたします。 さて、日本円の相場が暴落という勢いで円売りドル買いが進んでいます。円安というのは、メリットが有るという言い方をする人もいますが、それは、日本が製造国で貿易黒字として円安になれば、そりゃ儲かります。ですが、貿易赤字で、円安になるということは、ただの日本円に見切りをつけて売られているだけです。ですから、悪い円安になるのです。 さて、日本はエネルギー、食料は、ほとんどが輸入に頼っています。つまり、ドルがなければエネリギー、食料を買うことができないのは、日本の現実です。円安になって…