公開市場操作

(一般)
こうかいしじょうそうさ

公開市場操作とは、中央銀行が実施する代表的な通貨量の市場流通量調節手段のひとつ。
中央銀行が市場で短期金融市場商品の購入(資金供給オペレーション)や売却(資金吸収オペレーション)を行うことで、市中金融機関の保有する準備預金の増減をもたらす。

資金供給オペレーション

市場に流通する通貨量が少なすぎる時、中央銀行が市場から債権類を買い上げて市場での資金の供給量を増やす。通称「買いオペ」。

資金吸収オペレーション

市場に流通する通貨量が多すぎる時、中央銀行が保有している債権類を売却し、資金を回収することで市場での資金の供給量を減らす。通称「売りオペ」。

関連キーワード

このタグの解説についてこの解説文は、すでに終了したサービス「はてなキーワード」内で有志のユーザーが作成・編集した内容に基づいています。その正確性や網羅性をはてなが保証するものではありません。問題のある記述を発見した場合には、お問い合わせフォームよりご連絡ください。

関連ブログ