六文銭

(一般)
ろくもんせん

紋所のひとつ。真田家の家紋として有名。

意味するものは、三途の川の渡し賃。
現代の日本においても、亡くなった人を葬るのに六文を模った幣紙を握らせて火葬する風習がある。
真田の家紋は、物事には死を賭して挑めという家訓によるものであると言えよう。

このタグの解説についてこの解説文は、すでに終了したサービス「はてなキーワード」内で有志のユーザーが作成・編集した内容に基づいています。その正確性や網羅性をはてなが保証するものではありません。問題のある記述を発見した場合には、お問い合わせフォームよりご連絡ください。

ネットで話題

もっと見る

関連ブログ