六条天皇

(社会)
ろくじょうてんのう

平安時代末期の天皇。名を順仁(のぶひと)。
父親が病弱であったため生まれてまもなく即位。しかし父・二条上皇は譲位後すぐに亡くなりまた父は祖父・後白河上皇と対立していたため、その子である六条天皇は三年足らずで廃されてしまう。史上最年少の上皇である。
病弱な親の血を引いていたためか、元服前に崩御してしまった。

このタグの解説についてこの解説文は、すでに終了したサービス「はてなキーワード」内で有志のユーザーが作成・編集した内容に基づいています。その正確性や網羅性をはてなが保証するものではありません。問題のある記述を発見した場合には、お問い合わせフォームよりご連絡ください。

ネットで話題

もっと見る

関連ブログ