六波羅蜜寺

(地理)
ろくはらみつじ

京都市東山区にある真言宗智山派の寺院。山号は補陀洛山。本尊は十一面観音。
天暦5年(951年)に空也が西光寺として創建。空也の死後、貞元2年(977年)に比叡山の僧である中信が中興して天台別院とし、六波羅蜜寺と改称した。

このタグの解説についてこの解説文は、すでに終了したサービス「はてなキーワード」内で有志のユーザーが作成・編集した内容に基づいています。その正確性や網羅性をはてなが保証するものではありません。問題のある記述を発見した場合には、お問い合わせフォームよりご連絡ください。

ネットで話題

もっと見る

関連ブログ