六甲縦走

(スポーツ)
ろっこうじゅうそう

兵庫県の六甲山系尾根を徒歩で縦断すること。全行程を制覇する場合は「六甲全山縦走」と言う。

大会

秋を中心に、地元の自治体、企業、学校、登山会が盛んに縦走大会を開催している。特に神戸市と「六甲全縦市民の会」が共催する「KOBE 六甲全山縦走大会」は一度に約2000人が参加する大規模な市民参加型登山イベントである。

ガイドブック

人気のある登山ルートであるため、ガイドブックが多数刊行されている。

ルート

「六甲縦走路」あるいは「六甲全山縦走路」と呼ばれる。
大会やガイドブックによって若干異なるが、おおよそ西から東へ

    • 須磨浦公園⇒妙法寺⇒鵯越駅⇒菊水山⇒鍋蓋山⇒摩耶山⇒一軒茶屋⇒大平山⇒岩倉山⇒塩尾寺⇒宝塚駅

というルートを取る。東側からスタートする場合は「逆走」と呼ぶ。

このタグの解説についてこの解説文は、すでに終了したサービス「はてなキーワード」内で有志のユーザーが作成・編集した内容に基づいています。その正確性や網羅性をはてなが保証するものではありません。問題のある記述を発見した場合には、お問い合わせフォームよりご連絡ください。

ネットで話題

もっと見る

関連ブログ