六角義賢

(社会)
ろっかくよしかた

大永元年(1521年)〜慶長3年3月14日(1598年4月19日)
日本の戦国時代から安土桃山時代にかけての武将。父は六角定頼。
南近江の戦国大名で足利将軍家を庇護し、三好家などと戦った。浅井家の離反、織田家との争いなどで領土を失い没落。その後、流浪の身となった。信長包囲網が形成されると朝倉義景や浅井長政や三好三人衆らと同盟して戦ったが破れ、領土奪還は叶わなかった。

このタグの解説についてこの解説文は、すでに終了したサービス「はてなキーワード」内で有志のユーザーが作成・編集した内容に基づいています。その正確性や網羅性をはてなが保証するものではありません。問題のある記述を発見した場合には、お問い合わせフォームよりご連絡ください。

ネットで話題

もっと見る

関連ブログ