六韜

(一般)
りくとう

六韜は、中国の代表的兵法書で、武経七書のひとつ。
太公望が周の王に兵法の講義を行う形式で書かれている。著者・成立年は不詳だが、尉繚子と同じく銀雀山漢簡に含まれており、漢の時代の初期には流通していたことがわかっている。三略と合わせて「韜略」呼ばれることがある。
「韜」とは武具をしまう袋のことであり、「知恵袋」と同じ用法である。なお、六韜は英語では「The Six Secret Strategic Teachings」と訳されている。

  1. 文韜
  2. 武韜
  3. 龍韜
  4. 虎韜
  5. 豹韜
  6. 犬韜

の六巻からなる。とくに「虎韜」は「虎の巻」の語源となった。

このタグの解説についてこの解説文は、すでに終了したサービス「はてなキーワード」内で有志のユーザーが作成・編集した内容に基づいています。その正確性や網羅性をはてなが保証するものではありません。問題のある記述を発見した場合には、お問い合わせフォームよりご連絡ください。

ネットで話題

もっと見る

関連ブログ