兵庫県南部地震

(サイエンス)
ひょうごけんなんぶじしん

1995年 阪神・淡路大震災(阪神大震災)

→平成7年(1995年)兵庫県南部地震
→阪神大震災

阪神・淡路大震災(阪神大震災)を引き起こした直下型地震、気象庁命名による正式名称「平成7年(1995年)兵庫県南部地震」を指す。

平成7年(1995年)兵庫県南部地震は1995年(平成7年)1月17日午前5時46分発生、明石海峡を震源地とするマグニチュード7.3の直下型地震。最大震度は7、周辺地域に甚大な被害が発生した。大都市直下を震源とする日本で初めての大地震で、震度7の激震を記録した初めての地震である。

このタグの解説についてこの解説文は、すでに終了したサービス「はてなキーワード」内で有志のユーザーが作成・編集した内容に基づいています。その正確性や網羅性をはてなが保証するものではありません。問題のある記述を発見した場合には、お問い合わせフォームよりご連絡ください。

関連ブログ