Hatena Blog Tags

内田良平

(一般)
うちだりょうへい

内田良平(うちだりょうへい)。1874年〜1937年(明治7年〜昭和12年)右翼運動指導者。
明治7年福岡県に生まれる。頭山満の門下生であり、叔父である平岡浩太郎が社長となって創設された玄洋社に入り、明治27年韓国で「東学党の乱」が発生するや、玄洋社の青年行動隊である「天佑陝」を組織して、これに参加したのをはじめフィリピン独立運動、中国革命の支援運動をなどに活躍した。
明治34年1月には「黒龍会」を設立し、昭和6年には「大日本生産党」を結成し、自ら総裁となった。黒龍会は、玄洋社と並び今日の右翼運動の思想的源流といわれ、大日本生産党は、黒龍会が非合法活動を多く行ったのに対し、合法的政治活動を展開、本流右翼あるいは純正右翼団体として現在も存在し、内田良平の精神を継承している。

  • 同姓同名の俳優がいる。
このタグの解説についてこの解説文は、すでに終了したサービス「はてなキーワード」内で有志のユーザーが作成・編集した内容に基づいています。その正確性や網羅性をはてなが保証するものではありません。問題のある記述を発見した場合には、お問い合わせフォームよりご連絡ください。

関連ブログ

大正天皇の皇太子・裕仁親王(後の昭和天皇)妃に内定していた久邇宮家の良子女王(後の香淳皇后)の家系に色覚異常の遺伝があるとして、1920年(大正9年)から1921年(大正10年)にかけて元老・山縣有朋らが久邇宮家に婚約辞退を迫った事件である。天皇の血統を重んじる山縣らに対し、良子女王の父・久邇宮邦彦王や、皇太子や良子女王に倫理を教えていた杉浦重剛らが人倫論を訴え抵抗した。当時世間一般には知られなかったものの、薩長閥の対立や反藩閥勢力の動き、さらには皇太子の外遊計画への反対運動も絡んで、宮中から政界、右翼な

宮中某重大事件 ウィキペディア フリーな encyclopedia 華族 皇族 東久邇宮稔彦王 宮中某重大事件(きゅうちゅうぼうじゅうだいじけん)は、大正天皇の皇太子・裕仁親王(後の昭和天皇)妃に内定していた久邇宮家の良子女王(後の香淳皇后)の家系に色覚異常の遺伝があるとして、1920年(大正9年)から1921年(大正10年)にかけて元老・山縣有朋らが久邇宮家に婚約辞退を迫った事件である。天皇の血統を重んじる山縣らに対し、良子女王の父・久邇宮邦彦王や、皇太子や良子女王に倫理を教えていた杉浦重剛らが人倫論を訴え抵抗した。当時世間一般には知られなかったものの、薩長閥の対立や反藩閥勢力の動き、さらに…