内藤尚行

内藤尚行

(スポーツ)
ないとうなおゆき

内藤尚行は、日本の元プロ野球選手・解説者・指導者、タレント。新潟アルビレックス・ベースボール・クラブ監督。
ポジションは投手。右投右打。愛称は「ギャオス」。
1968年7月24日生まれ、愛知県出身。
豊川高等学校卒業。
ヤクルトスワローズ入団2年目の1988年より一軍に上がり、リリーフで活躍。1989年、先発に転向し2桁勝利をあげる。
1990年、1991年と2年連続で開幕投手に抜擢*1され1993年以降にヒジ痛で成績が低迷するまでは岡林洋一、川崎憲次郎、西村龍次らと共に1990年代前半のスワローズ投手陣を支えた。
1997年に現役引退し野球解説者に転身。マスターズリーグ・名古屋エイティディザーズの選手として活躍。
また、ギャオス内藤の名でタレント活動を行っている。2013年から監督を務める新潟アルビレックスBCでもギャオス内藤の登録名を使う。

経歴

年度 所属 背番号 備考
1984-1986 豊川高校 - 甲子園出場なし
1987-1994 ヤクルトスワローズ 24 1986年ドラフト3位
1995-1996途 千葉ロッテマリーンズ 29 青柳進との交換トレード
1996途-1997 中日ドラゴンズ 29→63 内藤・森広二⇔与田剛、吉鶴憲治の交換トレード
2013- 新潟アルビレックスBC 24 監督

リスト::野球選手

*1:1990年の開幕戦での巨人戦では5対2でリードした8回裏、篠塚和典のライトポールぎりぎりの打球を本塁打とされる。これが審判の誤審として話題になる

新着ブログ: 内藤尚行