分光学

分光学

(サイエンス)
ぶんこうがく

物質が放出または吸収する光のスペクトルを測定し、物質の組成や物理状態を研究する学問のこと。

分光器等を用い高温の試料自身から出た光や試料を透過した光をスペクトルに分け,それを分析(分光分析)して試料の原子,分子,溶液等の性質を研究する光学の一部門。量子力学・原子構造論の発展の実験的基礎を与えた。