利休七哲

(アート)
りきゅうしちてつ

日本の安土桃山時代に活躍した茶人の千利休の高弟7人の総称。蒲生氏郷を筆頭に、細川忠興古田重然芝山宗綱瀬田正忠高山長房(高山右近)、牧村利貞がいる。また、織田長益(織田有楽斎)、千道安荒木村重を加えて「十哲」と言う場合もある。

このタグの解説についてこの解説文は、すでに終了したサービス「はてなキーワード」内で有志のユーザーが作成・編集した内容に基づいています。その正確性や網羅性をはてなが保証するものではありません。問題のある記述を発見した場合には、お問い合わせフォームよりご連絡ください。

ネットで話題

もっと見る

関連ブログ