制御NOTゲート

(サイエンス)
せいぎょのっとげーと

量子コンピュータではすべての演算はユニタリー変換と呼ばれる、状態空間の中での回転のような操作であって常に可逆であるので、ANDやORのように入力2つ、出力1つというように情報が減る操作は出来ない。制御NOTゲートはコントロールとターゲットの二つのキュービットを持ち、コントロールビットが1の時のみターゲットのビットを反転させる動きをする。この操作は4×4ユニタリ行列で表現でき、重ね合わせ状態にあるキュービットへの操作も定義できる。

このタグの解説についてこの解説文は、すでに終了したサービス「はてなキーワード」内で有志のユーザーが作成・編集した内容に基づいています。その正確性や網羅性をはてなが保証するものではありません。問題のある記述を発見した場合には、お問い合わせフォームよりご連絡ください。

ネットで話題

もっと見る

関連ブログ