前田慶次郎

(スポーツ)
まえだけいじろう

藤本京太郎


リスト::格闘家

前田慶次郎

(社会)
まえだけいじろう

一言で言うと傾奇者。でもこれは戦国時代の解釈。

今で言うと自由人(又はフリーター)という表現が該当されるのではなかろうか。
(戦国時代の解釈だと異常者扱いだが現代では当たり前の事)

出世、権力、地位、名誉、金、その他、見た目の豪快さとは正反対にあまりにも無欲。
(官僚には無関心でこれまた戦国時代では異常とも言える考え方)

・・・というのは権力者からの視点。

前田慶次郎が欲する物は自由。

お洒落をしたり旅行したりと感覚は21世紀の現代人と共通している。


戦国武将・前田利家の甥(実父は滝川一益の弟・益氏)。
原哲夫の漫画「花の慶次」や、NHK大河ドラマ『利家とまつ』で及川光博が演じた前田慶次郎は人気を博した。

このタグの解説についてこの解説文は、すでに終了したサービス「はてなキーワード」内で有志のユーザーが作成・編集した内容に基づいています。その正確性や網羅性をはてなが保証するものではありません。問題のある記述を発見した場合には、お問い合わせフォームよりご連絡ください。

ネットで話題

もっと見る

関連ブログ