前田雅英

(一般)
まえだまさひで

リスト::学者::社会科学
刑法学者。首都大学東京 都市教養学部長・社会科学研究科長。(2005年現在)
著作の刑法関連の教科書・判例集は司法試験受験者に定評があるが、一般の刑法学者からの評価は高くは無い。
他に、刑法的な観点から犯罪問題について言及した著作もある。少年犯罪が社会的問題になった時には少年犯罪は「深刻化(増加・凶悪化)」しているとの認識を持ち*1、厳罰化を主張した。だが、前田の著書で示されている犯罪統計の解釈・処理に疑問・不透明な部分があり、多くの論者から批判されている*2。またロビイングも活発に行っているが、東京都情報公開審査会の委員などの公務にも就いていることもあり、都民からはすこぶる不評である。
かつてはリベラル刑法学者として名を馳せたが、転向後は行政機関の委員を渡り歩いている。
その主張の是非は二つ目のURLなども参照しつつ、各自判断して頂きたい。

*1:前田雅英『少年犯罪』(東京大学出版会)参照

*2:特に、荒木伸怡(刑事法学)や河合幹雄(法社会学)、広田照幸(教育学)らからは痛烈な批判がなされている

このタグの解説についてこの解説文は、すでに終了したサービス「はてなキーワード」内で有志のユーザーが作成・編集した内容に基づいています。その正確性や網羅性をはてなが保証するものではありません。問題のある記述を発見した場合には、お問い合わせフォームよりご連絡ください。

ネットで話題

もっと見る

関連ブログ