加佐登神社

加佐登神社

(地理)
かさどじんじゃ

三重県鈴鹿市にある神社。祭神は日本武尊、天照大御神。日本武尊が亡くなった時に持っていた笠と杖をご神体とした、との伝承から明治六年の社名が変わるまで御笠殿(みかさどの)社と呼ばれていた。日本武尊の墳墓との伝承のある「白鳥塚」がある。(明治12年に内務省により亀山市の「能褒野御墓」が日本武尊の墳墓と認定された。)