加藤の乱

(社会)
かとうのらん

2000年11月末に起きた政変。
自民党宏池会会長(当時)で、幹事長経験者の加藤紘一が、野党が提出した森喜朗総理に対する不信任決議案に乗ろうとするも、断念した事件・
不信任案そのものは通らなかったものの、森退陣を明確に方向付け、小泉内閣成立へとつながることになる。

このタグの解説についてこの解説文は、すでに終了したサービス「はてなキーワード」内で有志のユーザーが作成・編集した内容に基づいています。その正確性や網羅性をはてなが保証するものではありません。問題のある記述を発見した場合には、お問い合わせフォームよりご連絡ください。

ネットで話題

もっと見る

関連ブログ