加藤紘一

(社会)
かとうこういち

政治家。元衆議院議員

  • 1939年6月17日、生まれ
  • 東京大学法学部卒業、外務省に入省 ハーバードケネディスクール,香港中文大学
  • 1972年、自由民主党から衆議院選挙に出馬、旧山形2区で当選。
  • 第1次、第2次大平内閣で内閣官房副長官、第2次中曽根内閣第1次・第2次改造内閣で防衛庁長官、宮澤内閣で内閣官房長官を務める。その後、党幹事長代理、政調会長、幹事長と要職を歴任。宏池会の会長となり総裁候補となる。
  • 1999年、小渕首相と総裁選で争い敗北。
  • 2000年、いわゆる加藤の乱宏池会分裂。
  • 2002年、元事務所代表の脱税事件に関連し3月に自民党離党、4月9日に議員辞職。
  • 2003年、無所属で衆議院選挙に出馬。返り咲きを果たす。その後自民党へ復党。
  • 2012年、衆院選に自民党公認で出馬も自民党自体の追い風とは裏腹に高齢・多選批判の逆風にさらされ選挙区で阿部寿一に敗れる。党の年齢制限で比例東北ブロックと重複立候補できず落選した。
  • 2013年4月、後援会関係者との会合で三女加藤鮎子氏を後継者に指名し、事実上政界引退の意向を示した。
  • 2016年9月9日、死去。
このタグの解説についてこの解説文は、すでに終了したサービス「はてなキーワード」内で有志のユーザーが作成・編集した内容に基づいています。その正確性や網羅性をはてなが保証するものではありません。問題のある記述を発見した場合には、お問い合わせフォームよりご連絡ください。

ネットで話題

もっと見る

関連ブログ