加門正一

加門正一

(サイエンス)
かもんしょういち

国立大学工学部教授。専門は光情報工学。専門学会では研究会委員長、論文査読委員等を歴任。
大学では専門科目の研究教育の外に教養科目で懐疑思考(Skeptical Thinking)を講義しており、その教材収集として超常現象の科学的調査にもいそしんでいる。超常ウォッチャーズ(JAPAN)科学技術最高顧問。
江戸時代のUFO事件「常陸の国うつろ舟伝説」の調査は10年にも及び、現在もなお進行中。

主な著作

『新・トンデモ超常現象60の真相』(楽工社)[共著]
『江戸「うつろ舟」ミステリー』(楽工社)

新着ブログ: 加門正一