労働ビッグバン

(一般)
ろうどうびっぐばん

 政府の政府の経済財政諮問会議によって提言される労働市場改革の呼称。

主な政策

  • 労働力人口の確保 ニートの戦力化、女性・高齢者の就業率向上。外国人労働者の受け入れ
  • 労働の弾力化 労働時間の裁量化(一定年収以上のホワイトカラーに残業代を支給しないいわゆるホワイトカラー・エグゼンプション) 派遣労働の期間制限撤廃

 そのために労働契約法の制定とホワエグのための労働基準法改正を目指している。
 経済財政諮問会議の性格から経済界の要望が色濃く反映されており、企業利益確保のためにいかに低賃金労働者を確保するかという改革ではないかとの批判もある。 

諮問会議資料(労働市場改革について)

http://www.keizai-shimon.go.jp/minutes/2006/1130/item5.pdf

このタグの解説についてこの解説文は、すでに終了したサービス「はてなキーワード」内で有志のユーザーが作成・編集した内容に基づいています。その正確性や網羅性をはてなが保証するものではありません。問題のある記述を発見した場合には、お問い合わせフォームよりご連絡ください。

ネットで話題

もっと見る

関連ブログ