勝ちフラグ

(一般)
かちふらぐ

負けフラグの対義語。“勝つ”ことへの伏線。フラグはゲーム・コンピュータ用語でこの場合「何かが起こるための見えない条件」といった意。

物語などで以下のようなことがあると、その人物はその後勝つパターンが多い。

  • 相手の弱点を見抜く。
  • 劣勢の中、助太刀が現れる。
  • 「貴様の動き、すでに見切った」
  • 戦闘中、相手を愛情(哀れみ)のこもった目でみつめる。相手がうろたえたり逆上したりすると勝つ。
  • 一騎討ち、一閃交えたあとに先に方膝をつく。
  • 実はハンデを付けて戦っていた(重りを付けながら戦っていた、能力を封印していたなど)
  • 目をつぶって相手の動きを読み始める

ただし、このパターンに当てはまったからと言えども、負けてしまう場合があるので、油断しないよう注意されたし。また、最も確実な勝ちフラグは「相手に負けフラグを立たせる」ことであることは言うまでもないだろう。

このタグの解説についてこの解説文は、すでに終了したサービス「はてなキーワード」内で有志のユーザーが作成・編集した内容に基づいています。その正確性や網羅性をはてなが保証するものではありません。問題のある記述を発見した場合には、お問い合わせフォームよりご連絡ください。

ネットで話題

もっと見る

関連ブログ