勝麟太郎

(一般)
かつりんたろう

勝海舟の幼名および通称。

海舟というのも本名ではない。佐久間象山から受領の篆刻「海舟書屋」からとったもので号である。

本名義邦 (よしくに)、維新後改名して安芳。
これは幕末に武家官位である「安房守」を名乗ったことから勝 安房(かつ あわ)として知られていたため、
維新後は「安房」を避けて同音(あん−ほう)の「安芳」に代えたもの。勝本人は「アホウ」とも読めると言っている。


勝 海舟 / 勝 安芳(かつ かいしゅう / かつ やすよし)は、江戸時代末期から明治期にかけての幕臣、政治家。位階勲等は正二位勲一等伯爵。

このタグの解説についてこの解説文は、すでに終了したサービス「はてなキーワード」内で有志のユーザーが作成・編集した内容に基づいています。その正確性や網羅性をはてなが保証するものではありません。問題のある記述を発見した場合には、お問い合わせフォームよりご連絡ください。

ネットで話題

もっと見る

関連ブログ