北別府学

(スポーツ)
きたべっぷまなぶ

プロ野球、広島東洋カープの選手。通称「マウンドの精密機械」。
右投右打、ポジションは投手。背番号は20番。
1957年7月12日生まれ。鹿児島県曽於郡末吉町(現曽於市)出身。都城農高卒。
コントロールが良かったことから、「マウンドの精密機械」と呼ばれた。

  • 1975年、ドラフト1位で広島東洋カープに入団。2年目から先発ローテーション入りし3年目に10勝。この年から11年連続2桁勝利
  • 1982年、20勝し最多勝、沢村賞を受賞
  • 1986年、最多勝、最優秀防御率、最高勝率、MVP、沢村賞に輝き優勝に貢献。
  • 1992年7月16日、対中日戦で200勝を達成、20世紀最後の200勝投手となり名球会入りを果たした。しかし、日本シリーズでは出場11試合のうち先発6度で0勝5敗、防御率3.21と勝ち星がない。
  • 1994年、現役引退。背番号20は広島東洋カープの準永久欠番。後にテレビ朝日の野球解説者を経て、2001年から2004年まで広島東洋カープの投手コーチを務めた。
  • 2012年、野球殿堂表彰者に選ばれる http://www.yomiuri.co.jp/sports/yakyu/news/20120113-OYT1T00811.htm

現在は解説者。マスターズリーグ・福岡ドンタクズの選手。対馬まさかりドリームスにも参加。

北別府学それでも逃げない―二十世紀最後の200勝投手

北別府学それでも逃げない―二十世紀最後の200勝投手

 
リスト::野球選手

このタグの解説についてこの解説文は、すでに終了したサービス「はてなキーワード」内で有志のユーザーが作成・編集した内容に基づいています。その正確性や網羅性をはてなが保証するものではありません。問題のある記述を発見した場合には、お問い合わせフォームよりご連絡ください。

ネットで話題

もっと見る

関連ブログ