北林谷榮

北林谷榮

(アート)
きたばやしたにえ

女優:劇団民藝所属
北林谷榮という芸名は20歳の頃長野を旅し、林、谷川の美しさに胸打たれ命名

略歴

1911年 東京・銀座生まれ
1931年 山脇高等女学校卒業後、創作座に研究生として参加
1936年 新協劇団参加
同年、築地小劇場『どん底』売笑婦ナースチャ役にて注目される
(ルカ:滝沢修 ペペル:宇野重吉 錠前屋:小沢栄太郎)
1940年 新協劇団強制解散
1942年 宇野重吉らとともに移動劇団瑞穂劇団創立、各地を巡演
戦時中は、「帝大新聞」の編集、少女雑誌の記者等にも従事
1945年 河原冬蔵(歌人・画家)と結婚
1947年 民衆芸術劇場創立に参加(劇団民藝の前身=第一次民藝)
1948年 木下恵介監督作『破戒』で映画デビュー
1950年 滝沢修,宇野重吉らとともに劇団民藝を創立 現在に至る
1978年 紫綬褒章
1980年 半年間ロンドンヘ留学
数多くの舞台映画テレビに出演、また舞台では脚色も行う
紀伊國屋演劇賞・読売演劇大賞女優賞・日本アカデミー賞最優秀主演女優賞・日本アカデミー賞最優秀助演女優賞・ブルーリボン賞女優助演賞等々数々の賞を受賞している
2010年4月27日 肺炎のため死去

代表作

舞台

  • 1960年『どん底』
  • 1972年『泰山木の木の下で』(第7回紀伊國屋演劇賞)
  • 1982年『朝を見ることなく』『タナトロジー』(第17回紀伊國屋演劇賞)
  • 1997年『黄落』(脚色・主演)(第32回紀伊國屋演劇賞)
  • 1999年『根岸庵律女』(第6回読売演劇大賞女優賞)

他にも『粉本(ふんぽん)楢山節考』や『蕨野行(わらびのこう)』等
 参考 http://www.gekidanmingei.co.jp/nenpyou.htm

映画

  • 1959年『キクとイサム』(ブルーリボン賞女優助演賞)
  • 1956年『ビルマの竪琴』
  • 1959年『にあんちゃん』(第4回サンフランシスコ国際映画祭最優秀助演女優賞)
  • 1962年『キューポラのある街』
  • 1964年『月曜日のユカ』
  • 1985年『ビルマの竪琴』
  • 1988年『となりのトトロ』
  • 1991年『大誘拐−RAINBOW KIDS−』(第15回日本アカデミー賞最優秀主演女優賞)
  • 2002年『黄泉がえり』
  • 2002年『阿弥陀堂だより』(毎日映画コンクール主演女優賞・キネマ旬報主演女優賞・第26回日本アカデミー賞最優秀助演女優賞)

主に年を重ねた母親役・老婆役が多く、市川崑監督の『ビルマの竪琴』では1956年版・1985年版のともに「物売りの婆さん」役を演じている

テレビ

  • 1965年『海より深き』(芸術祭賞)
  • 1972年『ラッコの金さん』(ギャラクシー賞)
  • 1976年『前略おふくろ様』(第1期:1975年〜1976年・第2期:1976年〜1977年)
  • 1976年『高原へいらっしゃい
  • 1978年『白い巨塔』(〜1979年)
  • 1992年『腕におぼえあり』

新着ブログ: 北林谷榮