北海道中央バス

(地理)
ほっかいどうちゅうおうばす

[英文表記] Hokkaido Chuo Bus Co., Ltd.
北海道中央バス株式会社は、北海道小樽市に本社を置くバス会社。中央バスグループの中核企業でもある。
1943年3月1日設立。
札幌証券取引所上場(証券コード:9085)

概要

札幌市小樽市を中心に路線バスを走らせる他、道内主要都市との高速バス及び夜行高速バスを相手先のバス会社と共同で多数運行。
一時は東急グループに買収されそうになった(http://www.otarucci.jp/kiseki/kiseki-11b.html参照)。このときは地元小樽の財界が結集して防衛、東急の買収を阻んだ。
関連会社も数多く抱えている。なお、空知総合振興局の北部地域及び旭川方面に乗り入れる一般路線は「空知中央バス」として分社化されている。
札幌市交通局の合理化(市営バス事業からの撤退)に伴い、ここ数年の間に、かつて交通局が直営で行っていた市内定期観光バス事業の他、一般路線についてもジェイ・アール北海道バスじょうてつと分担して譲渡を受けた。
地元では単に「中央バス」と呼ばれることが多い。「神奈川中央交通」=「神奈中」のような略され方はほとんど聞かない。

事業内容

  • 一般旅客自動車運送事業(乗合・貸切)
  • 不動産事業
  • その他事業(飲食業・ホテル業・公衆浴場業)

路線・系統数

291路線・604系統*1

保有車両数

1,179両(乗合1,146両・貸切33両)*2

営業所

18営業所

グループ企業

バス事業

  • ニセコバス株式会社
  • 札幌第一観光バス株式会社
  • 空知中央バス株式会社

建設業

  • 株式会社泰進建設
  • 藤信建設株式会社
  • 勝井建設工業株式会社

清掃業・警備業

  • 中央ビルメンテナンス株式会社

観光事業

  • 中央バス観光開発株式会社(小樽天狗山ロープウエイ・ニセコアンヌプリゴンドラ)

その他事業

  • 中央バス商事株式会社(物品販売業)
  • 株式会社中央バス自動車学園(自動車教習所)
  • 中央バスビジネスサービス株式会社(ITサービス業)
  • 株式会社シィービーツアーズ(旅行業)
  • 砂川ハイウェイオアシス管理株式会社(不動産事業)
  • 中央バス総業株式会社(物品販売業)
  • 中央振興株式会社(保険代理店業)

主要株主

平成21年3月31日現在

氏名または名称 出資比率(%)
中央バス総業株式会社 34.11
株式会社北海道銀行 4.65
株式会社北洋銀行 4.60
北海道中央バス社員持株会 3.44
中央振興株式会社 2.58
加藤信吉 1.81
東京海上日動火災保険株式会社 1.26
株式会社北星 1.09
株式会社菱友 1.08
明治安田生命保険相互会社 0.88

*1:2015年3月31日現在

*2:2015年3月31日現在

このタグの解説についてこの解説文は、すでに終了したサービス「はてなキーワード」内で有志のユーザーが作成・編集した内容に基づいています。その正確性や網羅性をはてなが保証するものではありません。問題のある記述を発見した場合には、お問い合わせフォームよりご連絡ください。

関連ブログ