北海道日本ハムファイターズ

北海道日本ハムファイターズ

(スポーツ)
ほっかいどうにっぽんはむふぁいたーず

[英文表示] Hokkaido Nippon-Ham Fighters

日本のプロ野球チーム。一軍はパシフィック・リーグに所属。

略称「北海道日本ハム」。

交流戦優勝1回(2007)
リーグ優勝5回(2006、2007、2009、2012、2016)
日本一2回(2006,2016)、アジアチャンピオン1回(2006)

概要

法人名
株式会社北海道日本ハムファイターズ
フランチャイズ
札幌市
ホームスタジアム
札幌ドーム
チームカラー
金色、茶色、グレー
チームマスコット
B・B、C・B*1、ポリーポラリス
公式球団歌
「ファイターズ讃歌」
公式応援歌
Go!Go!ファイターズ!

沿革

  • 日本ハム・ファイターズ球団創立より30年目となる2004年、フランチャイズを北海道札幌市へ移転。*2
    本拠地を札幌ドームとし、「北海道日本ハムファイターズ」に名称変更。球団事務所はドーム敷地内にJリーグ、コンサドーレ札幌と共同で建設。レギュラーシーズン3位となりプレーオフに進出も、第1ステージで惜敗。
  • 2005年、札幌市東区北五条東8丁目サッポロビール園敷地内に屋内練習場を開設。付近をファイターズ通りに改称。
    7月22日、丸井今井札幌本店内にオフィシャルショップがオープン。
  • 2006年、レギュラーシーズン1位となり、2年ぶりに進出したプレーオフを制して25年ぶりのリーグ優勝。2004年からのプレーオフ制度施行後初の完全優勝。フライヤーズ時代を含めて44年ぶり2度目の日本一も果たす。
  • 2007年、球団新記録の14連勝を達成。同時に2年連続2桁連勝の偉業も達成する。
    交流戦優勝、レギュラーシーズン2連覇、クライマックスシリーズも制するが、日本シリーズは2年連続の顔合わせとなった中日ドラゴンズ相手に1勝4敗で戴冠ならず。
    移転前年にあたる2003年から監督を務めていたトレイ・ヒルマンが勇退。
  • 2008年、梨田昌孝が監督に就任。4月、札幌駅内にオフィシャル・ショップ「ファイターズステーション」が開店。
    シーズン3位となりクライマックスシリーズ出場も、ファイナルステージで埼玉西武ライオンズに敗れる。
  • 2009年、3度目のリーグ優勝。クライマックスシリーズを制して日本シリーズに出場するも、2勝4敗で読売ジャイアンツに敗れる。
  • 2010年、千葉ロッテマリーンズとクライマックスシリーズ出場権争いを繰り広げるも、0.5ゲーム差で4位に終わる。
  • 2011年、梨田昌孝が退任。
  • 2012年、栗山英樹が監督に就任。同年、4度目のリーグ優勝。
  • 2016年、5回目のリーグ優勝。同年、10年ぶりに日本シリーズを制した。

成績

  • 2004年 3位(レギュラーシーズン3位)
  • 2005年 5位
  • 2006年 1位(完全優勝、日本一、アジアチャンピオン)
  • 2007年 1位(リーグ優勝)
  • 2008年 3位
  • 2009年 1位(リーグ優勝)
  • 2010年 4位
  • 2011年 2位
  • 2012年 1位(リーグ優勝)
  • 2013年 6位
  • 2014年 3位
  • 2015年 2位
  • 2016年 1位(日本一)
  • 2017年 5位

ドラフト会議でのこだわり

ドラフト会議、こと1位指名については、当年で1番評価している選手を指名するポリシーを実践している。他球団との競合も、選手側から拒否されるのも承知の上の指名は特攻と言われることもあり、この信念ゆえに物議を呼ぶこともある。
代表的な例が2011年で、当時の巨人監督、原辰徳の甥でもある菅野智之へ特攻。巨人とのくじ引きを経て交渉権が日本ハムに渡ったため、菅野は早くから表明していた通りに巨人以外からの指名を断って浪人、翌12年のドラフトで単独指名を受けて巨人に入った。血縁も含めて事情を知っていたなら自重してほしかったと、日本ハムの姿勢への不快感が目立つ一方で、全球団平等に与えられている権利を行使したまでと理解を示す声もあった。
その後、トレードをはじめとする交流は断絶状態になり、2015年に巨人のGMが交代して、矢野謙次を中心とした2:2のトレードが行われてから交流が戻った。

現在の選手

投手
斎藤佑樹(1) 石井裕也(13) 加藤貴之(14) ルイス・メンドーサ(15) 有原航平(16) 浦野博司(17) 増井浩俊(19) 上原健太(20) 武田久(21) 宮西尚生(25) 新垣勇人(28) 井口和朋(29) 鍵谷陽平(30) 村田透(31) 堀瑞輝(34) 榎下陽大(35) 中村勝(36) 高梨裕稔(39) 高良一輝(40) 白村明弘(43) 瀬川隼郎(46) 田中豊樹(47) 高山優希(48) 公文克彦(49) 石川直也(51) 立田将太(53) 玉井大翔(54) クリス・マーティン(55) 杉浦稔大(57) 吉田侑樹(59) 上沢直之(63) 
捕手
近藤健介(8) 清水優心(10) 黒羽根利規(42) 市川友也(56) 郡拓也(60) 大嶋匠(66) 石川亮(68) 實松一成(90)
内野手
杉谷拳士(2) 田中賢介(3) 飯山裕志(4) ブランドン・レアード(5) 中田翔(6) 中島卓也(9) 松本剛(12) 渡邉諒(23) 森本龍弥(24) 大累進(32) 石井一成(38) 平沼翔太(45) 宇佐美塁大(50) 横尾俊建(58) 高濱祐仁(62) 太田賢吾(65) 今井順之助(70)
外野手
西川遥輝(7) 岡大海(18) 浅間大基(26) 大田泰示(33) 矢野謙次(37) 森山恵佑(44) ヤディル・ドレイク(52) 姫野優也(61) 谷口雄也(64) 岸里亮佑(67)

歴代監督

  • トレイ・ヒルマン(2004-2007)
  • 梨田昌孝(2008-2011)
  • 栗山英樹(2012-)

永久欠番

  • 100番(大社義規)

過去の主な在籍選手

投手
岩本勉(2004-2005) カルロス・ミラバル(2004-2005) 入来祐作(2004-2005) 芝草宇宙(2004-2005) 井場友和(2004-2006) 横山道哉(2004-2006) 吉崎勝(2004-2006) 正田樹(2004-2007) 清水章夫(2004-2007) 金村曉(2004-2007) 立石尚行(2004-2007) 鎌倉健(2004-2007) 押本健彦(2004-2007) 伊藤剛(2004-2009) 江尻慎太郎(2004-2010) 須永英輝(2004-2010、2015-2016) 建山義紀(2004-2010) 金森敬之(2004-2012) 中村渉(2005-2007) 橋本義隆(2005-2007) MICHEALマイケル中村)(2005-2008) 菊地和正(2005-2011) ダルビッシュ有(2005-2011) 岡島秀樹(2006) 星野八千穂(2006-2009) 木下達生(2006-2010) 八木智哉(2006-2012) 武田勝(2006-2016) 萩原淳(2007) 金澤健人(2007-2008) ライアン・グリン(2007-2008) ブライアン・スウィーニー(2007-2009) 山本一徳(2007-2010) ダース・ローマシュ・匡(2007-2011) 宮本賢(2007-2012) 植村祐介(2007-2013) 糸数敬作(2007-2013) 吉川光夫(2007-2016) 藤井秀悟(2008-2009) 坂元弥太郎(2008-2009) 多田野数人(2008-2014) 林昌範(2009-2011) 榊原諒(2009-2013) 矢貫俊之(2009-2015) 谷元圭介(2009-2017) バディ・カーライル(2010) 加藤武治(2010-2011) 松家卓弘(2010-2012) 木田優夫(2010-2012) ボビー・ケッペル(2010-2013) ブライアン・ウルフ(2010-2013) ウィルフィン・オビスポ(2011) 乾真大(2011-2016) ダスティン・モルケン(2012-2013) 若竹竜士(2012-2013) 木佐貫洋(2013-2015) 大谷翔平(2013-2017) アンソニー・カーター(2014) 藤岡好明(2014-2016)
捕手
山田勝彦(2004-2005) 高橋信二(2004-2011) 渡部龍一(2004-2011) 鶴岡慎也(2004-2013) 尾崎匡哉(2004-2014) 中嶋聡(2004-2015) 小山桂司(2006-2008) 今成亮太(2006-2012) 大野奨太(2009-2017) 米野智人(2016)
内野手
奈良原浩(2004-2006) 小笠原道大(2004-2006) 木元邦之(2004-2007) 田中幸雄(2004-2007) フェルナンド・セギノール(2004-2007) 小田智之(2004-2009) 稲田直人(2004-2009)  金子誠(2004-2014) 市川卓(2005-2012) 稲葉篤紀(2005-2014) ホセ・マシーアス(2006) 川島慶三(2006-2007) アンディ・グリーン(2007) ミッチ・ジョーンズ(2007-2008) 高口隆行(2007-2010) 今浪隆博(2007-2014) 三木肇(2008) ジェイソン・ボッツ(2008-2009) ルイス・ヒメネス(2009) 二岡智宏(2009-2013) 岩舘学(2010-2013) マイカ・ホフパワー(2011-2013) ミチェル・アブレイユ(2013-2014) 大引啓次(2013-2014) フアン・ミランダ(2014) 
外野手
石本努(2004-2005) 上田佳範(2004-2005) 島田一輝(2004-2005) シャーマン・オバンドー(2004-2005) SHINJO新庄剛志)(2004-2006) 佐藤吉宏(2004-2009) 坪井智哉(2004-2010) 森本稀哲(2004-2010) 紺田敏正(2004-2010,2012) 糸井嘉男(2004-2012) 工藤隆人(2005-2008) 鵜久森淳志(2005-2015) 陽岱鋼(2006-2016) 金子洋平(2007-2009) ターメル・スレッジ(2008-2009,2012) 大平成一(2008-2011) 関口雄大(2010-2012) 佐藤賢治(2010-2015) 松坂健太(2011) 赤田将吾(2013-2014) 北篤(2013-2015)

 

その他

  • ファイターズガールが応援の華。
  • ファームは千葉県鎌ヶ谷市のファイターズタウンに置かれ、独立採算を目指している。

関連キーワード

  • 日本ハム
  • 北の国から
  • チキチキバンバン(関東限定)
  • ジンギスカン
  • ヒルマンズハングアウト

DVD

北海道日本ハムファイターズ公式応援歌 『Go!Go!ファイターズ!』 [DVD]

北海道日本ハムファイターズ公式応援歌 『Go!Go!ファイターズ!』 [DVD]

*1:鎌ヶ谷ファイターズタウン限定。年に数回の地方遠征やファンフェスタで道内にも登場

*2:このときに、前身の日本ハム球団株式会社は特別清算により法人格消滅。そのため、帝国データバンクなどでは「倒産」扱いとされている。これは、日本ハム球団が赤字続きであった上に、北海道へのフランチャイズ移転により地元企業に出資を募る必要があったため、新会社を設立した上で、旧会社は親会社が責任を持って清算することとなったためである。

ネットの話題: 北海道日本ハムファイターズ

人気

新着

新着ブログ: 北海道日本ハムファイターズ