北神急行電鉄

(地理)
ほくしんきゅうこうでんてつ

英文表記:Hokushinkyuko Railway Co., Ltd.
北神急行電鉄株式会社は、兵庫県神戸市北区に本社および登記上の本店を置き、阪急阪神東宝グループに属する第二種鉄道事業者。通称は「北神急行」。
1979年10月29日設立。

路線(北神線

新神戸駅谷上駅間 7.5km
全線が、六甲山の下を抜けるトンネルである。神戸市営地下鉄通称:西神・山手線と相互直通運転を行っている。

第二種鉄道事業

1988年4月2日の開業以来、第一種鉄道事業を行ってきたが、2001年度には金融情勢の悪化により、市中金融機関からの融資継続が困難となったため、民鉄業界初の上下分離方式を導入し、主要な鉄道施設を神戸高速鉄道株式会社に譲渡することを決定した*1
2002年4月1日、北神線は、神戸高速鉄道が第三種鉄道事業者に、北神急行電鉄が第二種鉄道事業者に変更。

スルッとKANSAI

関西圏の共通乗車カードシステム「スルッとKANSAI」に加盟している。北神急行の発行するスルッとKANSAI対応カードは、神戸電鉄と同じ「すずらんカード」という。

主要株主

  • 阪急電鉄株式会社 27.500%
  • 神戸電鉄株式会社 19.875%
  • 株式会社神鉄エンタープライズ 7.625%
  • 株式会社三井住友銀行 5.000%
  • 株式会社三菱東京UFJ銀行 4.000%
  • 東京海上日動火災保険株式会社 4.000%
  • 日本生命保険相互会社 4.000%
  • 関西電力株式会社 4.000%

*1:神戸高速鉄道は譲渡された鉄道施設について、20年間保有した後、残債務を含めて阪急電鉄にに再譲渡する予定

このタグの解説についてこの解説文は、すでに終了したサービス「はてなキーワード」内で有志のユーザーが作成・編集した内容に基づいています。その正確性や網羅性をはてなが保証するものではありません。問題のある記述を発見した場合には、お問い合わせフォームよりご連絡ください。

関連ブログ